クールネックタオルを作りました。

ミシン刺繍フェステバルメンバーでお伝えしています。

この記事の担当は、フレンチブルドッグが大好きなモリココです。

宜しくお願いします(*^▽^*)

6月ですね。

我が家の小さな畑、森ファームが荒地となっています(笑)

草がチラリチラリ~

そろそろ、お野菜を作りだしたいなあ~と。

ジメジメ蒸し暑い日だと、土を耕すのも….

つらいよね~

そこで、涼しく快適に土いじりができるように、

タオルで保冷剤ポケット付きクールネックを作りたいと思います。

勿論、刺繍は必須です(*^▽^*)

A刺繍工房さんの刺しゅう植物園から

データを使わせて頂きます。

HPこちら➡https://ashisyu.jimdofree.com/

ピーマンを植えたいと思っていて

お仲間のハバネロちゃんデータをチョイス!!

早速、『置き縫い』で始めます。

※刺繍枠に挟むことが出来ない生地や

枠の跡を付けたくない時、

生地の端っこに刺繍を入れたい場合など、

同じ個所に何度も刺繍入れする時にもとっても便利な手法です。

・刺繍枠に置き縫いシートの代用品として、厚紙を張ります。

刺繍データのサイズをくり抜きます。

カットした四方に両面テープを貼付けます。

置き縫い枠の準備が完了。

・タオルの裏側に刺繍安定紙(140WAP)をアイロンで接着します。

置き縫い枠の両面テープの紙を剥がし刺繍したい位置にタオルを合わせて貼付けます。

・タオル生地の場合は、上に水溶性シートをのせて刺繍します。

水溶性シートはマスキングテープなどで仮止めすると良いです。

今回は待ち針で止めました♪

 

刺繍が綺麗に入りました(*^▽^*)

タオルの裏側、刺繍安定紙と表側の水溶性シートを

剥がしタオルの下準備が完了。

続いて~

クールネックの土台を作りっていきますよ(*^▽^*)

DAISOさんの吸水速乾性のロングタオル

30cm×93cmを使用しています。

タオルは三つ折りにたたみます。

タオルを三つ折りにたたんだら、右端(刺繍が入っていない側)から18.0cmほど袋縫いをします。

タオル通し穴を作ります。右端から8.0cmの位置で二つ折りにして、ミシンで縫います。

保冷剤のポケットを3つ作ります。

15.0cmの位置で3箇所ミシンで縫ったら完成です。

保冷剤は、若干大き目のサイズの物が入れられます。

タオルを首に掛け、通し穴への差し込みタイプなので

フィット感が調整できるのも良いです(*^▽^*)

シンプルでお洒落なクールネックタオルが完成して

嬉しいです。

草抜きも涼しくて快適

今年の森ファームは、旬の実りが楽しめそうです

最後までご覧いただきありがとうございました♪

モリココHP  こちらインスタグラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA